0120-980-924 営業時間 平日9:30 - 18:30
menu
コラム

カルテもペーパーレスの時代、でも紙を捨てる必要はない?!

メモを取る時、あなたはスマホ派?紙派?

スマートフォンが当たり前の存在になり、あらゆることがスマートフォンで済んでしまうようになりました。
朝起きるときの目覚まし時計から、スケジュール帳、ネット検索、買いもの、読書、メモなどスマートフォンは日々の生活で欠かせないものとなっています。
この中で賛否が分かれるのは「読書」と「メモ」ではないでしょうか。

本はやっぱり紙でないと読んだ気がしない!
メモは紙のほうがなんでも自由に描ける!

デジタルにはデジタルの、紙には紙の良さがあります。
特にスマートフォンやタブレットのメモでは、絵や矢印など自由に入れることができません。
中にはペイント機能がついているメモアプリもありますが、紙とペンに比べると描きにくいものです。
文字も、入力してから色を変えたりサイズを変えたり、慣れないと時間がかかるものもあります。
これならば、3色ペンを使ってメモ用紙にサッと書いたほうが簡単です。

話題の ”電子カルテ” が抱える問題点

電子カルテも同じ問題を抱えています。
電子カルテやカルテアプリはたくさんありますが、やはりこれまで使っていた紙のカルテの自由さは捨てきれないという方も多いのではないでしょうか。
一方で、カルテをデジタル化して、顧客データと紐づけたいという思いもあります。
しかし、新しく電子カルテを導入することになると、紙のように自由がきかないことにストレスを感じるスタッフも出てくるはずです。
さらに電子カルテを導入するとなれば、今までのカルテにあった項目がないなど、必要な項目を諦めるか、別の運用を考え直す必要が出てきます。
項目をカスタマイズできるものもありますが、今までどおりとはいきません。

両方の良さを活かせば最強の電子カルテに!

しかしデジタルの良さもあるのは事実です。
最近このような光景をよく目にします。
ホワイトボードに書き出してある連絡事項を、スマートフォンのカメラで撮影する。
あるいは気になった新聞記事をカメラで撮ってあとで見返す。
紙のメモでは一瞬でここまでできないので、こちらはスマートフォンの圧勝です。
写真にタイトルを付けたり、Evernoteなどのメモアプリで管理すれば、必要なときにすぐ検索してメモを確認することができます。

つまり、ここで言いたいのは「紙の良さ」と「スマートフォン(タブレット)の良さ」をハイブリッドすることで、アナログ派も納得するカルテができるのではないかということです。
そのような発想を元に生まれたのが電子カルテアプリ『coming-soon KARTE』(カミングスーン カルテ)です。
紙カルテや仕上がりの写真などをアプリで撮影し、顧客と紐付けることができます。
さらに写真にはペイント機能でメモもできます。
紙には敵いませんが、操作性や描きやすさには徹底的にこだわりました。
iPad、iPhoneに対応しています(Androidタブレット、スマートフォンにも対応予定)。

いつものカルテをそのまま使えるので、美容室のみならず、ネイルサロン、エステサロン、脱毛サロン、アイラッシュ、マッサージ、整体院、などさまざまな業種に対応しています。

もちろん予約システムと連動しているため、アプリのホーム画面には今日ご来店のお客様がずらりと並んでいます。
お客様名をタップすれば、すでにシステムで管理している顧客情報を閲覧できます。
さらに、アプリのカメラで撮影した手書きのカルテや仕上がり写真を紐づけることで、次回来店した際、すぐに前回の情報を確認することができます。
予約システムと連動していないカルテアプリ単体では、このスムーズな作業は行なえません。

無理に完全ペーパーレス化する必要はありません。
いつもの紙とペンで自由に、タブレットを使って効率的に、それが『coming-soon KARTE』です。

カルテのペーパーレス化
を実現
『coming-soon KARTE』

詳細はこちら